保護観察

そろそろブログだけでも復活を遂げようかと。だからといってお役立ちサイトに生まれ変わる予定もなく。そんな2006。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
京都でデート
昨日の約束どおり、今日はホテルに行って来ました。
昨夜はこあのアパートに2人で泊まったわけですが、
(っていうか、自分の家で泊まるっていうのも変ですけど)
結局お互い我慢できずに普通にセックスしてました。
1日たりとも我慢できないとわ。2人とも猿です。

本日、彼は仕事が早く終わったのか午後3時くらいに帰宅。
それから少し昼寝したあと、京都市内に移動。

何故一緒に住んでるのにホテルに行くのかって話ですが
名目上は、家だとこあが思うように声が出せないとか
(まぁ出してるんですけど)
汁が出せないとか(まぁこれも出してるんですけど)
そういったこともあるんですけど、
彼が「ホテルに行ったあと一緒に同じ家に帰るってのがええ感じやん」
って言ってたのが すごい印象的でした。
いつも会ってもその数時間後には別れがきて、
楽しい時間の後には寂しい時間があったのは
こあだけやなかったのかなって なんかうれしかった。

ホテルに到着すると、まずメシを注文。
ここのホテルはキレイだしメシはうまいし、
素晴らしいです。
彼はマンガを見ながら、こあはみんごるをやりながら
黙々とメシを食らう。

その後お約束どおり、家ではできないような事をしました。
掃除のおばちゃんかわいそうやなぁ…
とりあえず通常のお掃除より時間がかかると思われ。

そして、こあが一生処女を守ると誓っていた地域が、
最近開発されてきたようで
人間の身体の適応力というのは凄いなぁと思います。
今回は彼も同じ場所を開発してみようと試みましたが、
実は彼は過去に40代の主婦に既に開発され済み。
先日、彼に足の爪を切ってもらったときに
彼「お前男に爪切って貰ってた?」
こあ「ん?。そういう時もあったよ。」
彼「フーン(こあの頭をしばく)」
こあ「いったい!だって爪切るのへたやも!」
彼「オレお前の二回目ばっかり。」

と思い出しつつ、アタシだって二回目やんと気がついて
ちょっとむかついたのでぐいーっと奥まで突っ込んでやったら
「ああああああううう」と
悶えてるとも唸ってるとも言えない鳴き声をあげたので

萌えました。


そして何故かムービーを撮る。
彼のおかず もう必要ないと思われるのですが。
お互い携帯が新しくなったので、機能チェックの意味も含めて。
携帯で撮った後、

彼「これでもう別れられへんなw」
こあ「携帯落としたら余裕で死ねるね。」
彼「帰ったらすぐパソコンに移動させるけどな。」
彼「オレが死んだらまず一番にパソコンを破壊してくれ。」
こあ「あはは!了解w」
彼「オカンとか居ても『どちらさまですか?』って聞かれてもとりあえず壊しに来てくれな。」
こあ「つかつか上がり込んでパソコン破壊したら『お騒がせしましたー』って帰るわw」

っていうか、こあ自身の身の安全のためでもありますのでw

そのあと、みんごる対決をする。
いい勝負でしたが、最後の方で巻き返し、こあの勝利!

テレビ見たりして もう一回戦したのちに、
今度はカラオケに行きました。

彼とカラオケに行くのは初めてです!
ホテルのカラオケで彼が歌うことはあったのですが
こあは声がでかいのでホテルでは歌えない。
この前、「カラオケ行きたいなー」て言ったら
結構あっさりOKだったのですごい楽しみにしてたんですよ。

シダックスに移動。
彼「ここ何度か来ていつも満席やねん」
こあ「誰と来たの。」
彼「まぁファミリーやな。」
こあ「ふーん。」
彼「オレ子どもと一回もカラオケ行けられへんかった」
こあ「ふーん。」

最近だいぶ聞き流せるようになってきました。
もうこればっかりはしょうがないもんね。
いちいちこあが反応してたら彼も家族の話とかしずらくなるし。

彼はあいかわらず歌がうまうまです。
こあと同じキーが出るからスゴイ!
歌を歌うのは楽しいです。1時間があっというまだったので
おねだりしてもう1時間延長しちゃいましたー
「捧げ曲な」と言って歌をうたってくれました。
一回「キミ」という歌詞を「こあ(実際は実名)」で歌われた時は 
恥ずかしくて顔から火が出そうでしたがっっw
こういうネタとも本気ともとれないことをさらっとできる彼。
かっこいいからOKです(アホ
ホストとか天職だと思われます。

GWに東京に車のイベントにでかけるのですが
その時までに痩せろ と帰りの車内で釘を刺されました。
前回東京イベントの時は
まだ離婚していなかったのにこあ同行。
周囲の人間は「ああ、愛人なんだな」と
モロわかりなのに誰も突っ込まないという
生ぬるい空気を味わったわけですが、
今回は、一部の人は彼の離婚を既に知っていて、
またしてもこあが同行するわけですので
まぁ、周りの人間に「ああ、やっぱりね」と確信させるようなもの。

ほんで、痩せろ痩せろと言ってるわけなのですが
それなのに「腹へった。天一いこか」と言い出す彼。
そんな事言うからこあも腹へってきたじゃん!

結局天一は我慢して、帰宅。
彼はカップラーメンをスープまで完食。
それでも腹減った減ったという。
今日は夕食はホテルと決まっていたので
冷蔵庫の中はからっぽ。
こあは余分なものはストックしないんですよ。
それにしてもストックしなさすぎだな。今度から気を付けます。
まいたけとたまねぎでパスタを作り、それも完食。
こあもおなかすいたよー!

彼に「お前の一番になりたいな」ってぽつりと言われました。
もう十分に一番ですよ。だからここに居るのです。
たくさん楽しませてくれて、
たくさん笑ってくれて笑わせてくれて毎日楽しいよ。
ほんとにほんとにありがとう!
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。