保護観察

そろそろブログだけでも復活を遂げようかと。だからといってお役立ちサイトに生まれ変わる予定もなく。そんな2006。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
連休最終日
最近オク出しのためにお人形を出す回数が増えて
改めて可愛いなぁと感じるようになりました。
ほとんど自宅には寄りつかないのですが、
たまに郵便物の確認や、洗濯などの家事をするために
自宅に戻った際は、必ず独り、人形を愛でております。


今日夕飯の買い物に出かけようと、
彼の自宅の近くに路駐してある車に乗り込もうとする途中に
子連れのヤンママ(←死語)ににらまれまして。
あー元奥さんの知り合いなのかなーとか思いながら
目を合わせずになんとか切り抜けようと小走りに移動。
すると、子どもがアタシめがけてボールを投げてくるではありませんか。
いや、その子は全然悪気は無いと思うんですよ。
でもなんだか悲しくなってしまいました。
そして、どうしようもないイライラが募る。
ヤンママに心の中で呪いの言葉を吐く。

買い物に行くと、連休最終日の日曜だけあって
ファミリーで買い物に来ている人が多数。
レジに並んでいると、どうやらお子さんが微妙に迷子になっていたらしく
お父さんが「お前どこおったんや?ほっつき歩くな?」と言って
お子さんを抱き上げ、
お子さんは、不安から解放され安堵した表情と
照れ隠しが混じった様な顔をして 抱き上げられた腕の中で暴れておりました。

それを見て、またどうしようもなく苛つく。
その時のアタシはノーマル時に更に輪をかけて醜い顔をしてそうだ。
確かにその時のアタシは
「みんな死ねばいいのに」と思っているのです。
そしてそんなことを思っている自分にめっさ凹むのです。

こあは、保育士になりたいという夢を持ち、
その夢を実現させただけあり、かなりの子ども好きです。

街に子どもが居れば、自然と目がいくし、笑みがこぼれる。
幼児向けの歌や番組もチェックしてしまう。

この先の未来、保育に携わる職につくことも
まだ 諦めてはいません。


ですが、今の状態で 保育はできない。
っていうか、この気持ちをどうにかしないと
以前の自分には 戻れない。


誰が悪いわけでもないのです。
どうすることもできないことだというのも
理性では 分かっているつもりなのですが。

我が子を想う彼の気持ちは とても人間的な感情だと思います。
我が子を愛しながら それでも自分の人生を優先させた事に対する自責の念も 
現状連絡が全くとれてないことに対する不安も
全て 彼の人生にこあが関わった結果の 彼の感情であり
アタシを選んでくれた彼を 大事にしたいし、
あらゆる感情を 受け止めたい。


お子さんに対する感情が こんなにしつこいものだとは
自分でも思わなかった。
そして、この感情は 
万人に理解してもらえるようなものじゃないと思う。

考え方を変えない限りは、ずっとこの想いをしていかなきゃいけないので
今の自分の気持ちはどういうところからきているのか
考えたりもします。

彼のアタシの人間関係に対しての嫉妬は
アタシの男友達や、元彼だったり
対象は 自分と同じ舞台に立てる可能性のある人物なんですよ。

だけど、アタシが同じように嫉妬することがあっても
彼の女関係に対するそれは、今の感情よりかなりソフトだと思う。

何故かと言うと、「同じ舞台に立てるから」。

張り合うことができるのなら 自分が「勝つ」ことができるってことじゃん。

アタシは彼のお子さんとは同じステージに立てない。
アタシがいくら頑張っても 彼が父親であることは紛れもない事実だから。

そして、アタシが元奥さんに対して抱く嫉妬の種類は
「同じ女として」ではないから やっぱり同じステージじゃない。
同じ女としてなら 現状はこあの勝利でしょ。
でも、彼女は 彼の子どもの母親なのです。
それも、こあがいくら頑張ってもどうしようもない。

だからって、彼に子どもを忘れてほしいとか
完全に断ち切ってほしいとかそういうことでもないんです。

でも、こあは今までの人生で紡いできた人の繋がりを
ほぼ全てといっていいほど断ち切って、彼を選びました。
それを彼が望んだから、そうしました。
「お前はオレとだけ繋がってればいい。他の人間なんかいらん」と 彼は冗談ではなく、本気で言っているから。
でも、彼はアタシだけじゃないじゃん。
そんなんずるいと思う気持ちもある。

自分でもその辺はよく分かんないんだけど。

色々考えて 自分なりに自分の気持ちを分析した結果、

1,彼がこあをそうしたように、こあも彼を完全に独占したい。
2,実はこあは家族がほしいんじゃないかなぁ。


今のとこ、候補はこのふたつ。


彼はこの先、こあと再婚するつもりはない。、
けれど、こあが母親になりたがっているのは知っているので
子どもは作ってやると言っている。

でも、こあはそんなんなら要らないと思っている。

そういうと、彼は「結婚なんて形式に拘るな」と言うけれど
うまく言葉にならないので、いつも自分の気持ちを伝えられないけど
こあは別に形式に拘ってそう言っているわけではないと思う。


買い物終えて帰ってきて 号泣してしましました。
彼がため息をつくので また凹む。
言ってもうっとーしがられること分かってるのに。
言わずに心に秘めるとどんどん真っ黒になる気がして。
基地外になる気がして。どうしたらよいのでしょうか。

世の中、連れ子と仲良くやっている方はすごいと思います。
いっそ、連れてきてくれれば意外と仲良くなれたり…いやいや。


とにかく誰か話を聞いてほしいのです。
アタシは 弱いなぁ。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。