保護観察

そろそろブログだけでも復活を遂げようかと。だからといってお役立ちサイトに生まれ変わる予定もなく。そんな2006。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
エンドレス自慰対応鬼畜系調教アドベンチャーゲーム
とて、情報さんくる!
ついでにもうひとつ聞きたいねんけど。
「エンドレス自慰」に「対応」って何。


最近見た夢の話を。

こあは中学生のクラスメイトとバトルロワイヤルしてました。
クラスメイト同士ではなく、
クラスが5?6人の班に分かれて行動し、他のクラスと殺り合うって感じ。
1週間に1回エリア移動があって、
同じ班のメンバーとゴムボートに乗ってトンネルの水流を流れ、
次の場所へと連れていかれる。
トンネルは3つあって、「Aコース」、「Bコース」、「Cコース」と分かれている。

行き先はどれも同じところに辿り着くのですが
Aコースは普通に緩やかな流れに乗って移動でき、
Bコースは途中に段差や水流の激しい難所があります。
Cコースにおいては、途中スゴイ勢いの渦があって、ほとんど辿り着く事は不可能。

このA、B、Cの振り分け基準は
「一週間のうち、どれだけ殺したか」による。つまり、
たくさん殺せばAコース、反対に全然殺してないとCコース→自分が死ぬ ってわけです。

その判断は自己申告制で、「今週はたくさん殺した」と思えば自分でAを選択するのです。
しかし、そうなるとみんなAに行くに決まってますよね。

いやいや、そんな甘くはないのです。
ちゃんと1人1人その週にどれだけ殺したのか、どんなふうに殺したのか、全てチェックされてまして、
例え同じ班のメンバー全員がAの基準をクリアしていると思っていて
Aコースからスタートして移動しはじめても、
1人でもAの基準に満たない者が混じっていると、Aコースから入ったはずなのに、内容はBコースになってしまうのです。

しかし、「○人殺したらAクリア」などの基準がきちんと決まっているわけではなく、
その週の平均や殺し方によっても変わってくるので
コース選びは自分の運命も、チームの運命も左右するのです。


んでですね。

ワタクシ、その週は1人しか殺していなかったんですよ。
実は週の初めに敵に薬物を注射されまして、ほとんどまともに動けなかったんです。
しかし、唯一殺した相手は硫酸ひっかけて溶かしたという
結構えぐい殺し方してましたし、(絵的にもえぐかった)
全体的にこの週は殺しの人数の平均が低く思われたので
1人しか殺してなくてもBコースでいけると判断。
Bコースのボートに乗ろうとしたのですよ。

そしたら班のメンバーの1人が言うんです。
忘れもしない長谷川さん(実際の人物です)

長谷川「こあちゃん、今週1人(しか殺してない)だよね?」
こあ「うん…」
長谷川「もしこあちゃんがCだと、ここにいるみんなが死んじゃうんだよね。」
長谷川「悪いけど、降りて」


ホントはBに乗りたいんだけど、絶対Bでイケる!という自信もなく説得もできない。結局降りることに。

同じ班のメンバーがBコースで出発していくのを見届けながら
こあはCコースの列に移動。

とぼとぼ歩きながら、死の恐怖と葛藤しつつ、

でももしかしたら絶対死ぬって思われてるCコースだからこそ、どうせ生き残る奴はいないっていう油断もあるかもだしっ
この殺し合いのエリア自体から抜け出せる道があるのかも!

「かも」「かも」となんの根拠もない楽観的な発想を。

うん!きっとそうだ!そうに違いない!!

とこれまたなんの根拠もなくその発想に自信を持つ。


普段鬼のようにネガティブな自分からはすりおろしたって出てこないような発想を胸に
Cコースに挑むところで目が覚めました。



後日、ベッドで寝ころんでたときその話をする。

「ほう。」「うんうん」
いつもより興味を持って聞いてくれているような反応に非常に嬉しくなって
「あのね、Aコースがね。んで、こあはBコースにね」
どうしたらわかりやすいかと、懸命に話すこあ。
こあ「??なんだよー。分かる?」
彼「うん。分かる」
こあ「そんでね!」
ふと彼の顔をを見あげると。
すやすやと寝息をたててる彼・・・

「返事しながら寝るなよ!!」

彼の生返事のあまりのうまさと、
それにも気付かず1人で鼻息荒げてしゃべくっていた自分に
笑いが止まらなくなり、しかし起こしてはいけないと
声を殺して震えながら笑う。
こあが震えると身体にまきついてる彼にも振動が伝わるのか
「うーん」とぼやきながらこあの身体を股で挟み込み固定。
セックスしたあと女のくだらん話を聞いているフリをしながら寝る男。
なんて典型的なんだ。
身動きがとれないまま、1人心を震わせておりました。


起きたあと、彼にその話しをすると、
彼「俺、聞いてるフリうまいやろ?」
こあ「…何の話してたか覚えてる?」
彼「AコースとかBコースとか…」
こあ「おお、それそれ!そんで?」
彼「もうわからん」
こあ「ぜんっぜん聞いてないやん!だからね、あのね」
彼「お前の『あのね』だけで眠くなるし。もういいし。」
こあ「ぬうう」


というわけで腹いせに日記に書いてしまった。
最後まで呼んでくれた 貴方。
愛してるぞーーーーーっ!


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
Non Title
とて先生、さんくるです!
しかし、全然意味がわからんのだが。
次は実際やってみてくれ、是非。
2005/05/17(火) 01:59:26 | URL | coa #-[ 編集]
Non Title
お前のために「エンドレス自慰対応」を調べてやったぞ。
2005/05/17(火) 01:54:43 | URL | トーテム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。