保護観察

そろそろブログだけでも復活を遂げようかと。だからといってお役立ちサイトに生まれ変わる予定もなく。そんな2006。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
続報
●続報その1


「おい、オレって格好いい?」

送検中の小林君の手真似をしてこあに訪ねる彼。

こあ「うーん…めっさ殴りたい」
彼「これな、Gakutやないねんで。仮面ライダーやねん。」
こあ「えっ。そうなの?」


どうやら、仮面ライダーなんとか(忘れた)のポーズらしい。
テニプリに仮面ライダーに椛ちゃん。
節操の無い男だな。小林くん。



●続報その2(ネタばれあり)


バイオハザード遂にクリア(して貰いました)!!
Disc1がちょー長かったので、Disc2に入ってからの展開の早さに少々戸惑い気味のこあ。
彼曰く、Disc1が長く感じるのは、同じエリアを行ったり来たりと
戻る回数が多いからだそうです。
いや、前半わざわざアシュリーを階段の手前で「Wait」して、
自分だけ下に降りてライフルで拡大してパンツ覗こうとして
「こっからじゃ見えねー!」とか言って何度もやり直してた時間が無駄だったのかと。


まぁそんなんで意外と後半あっさりだったので、
普通に中ボス倒しても、(まだなんかあるんじゃないか…)
普通にアシュリー取り返しても、(こいつもう変身してんじゃないか…)
普通に寄生虫除去しても(いや、除去したと見せかけてまだ残ってたり…)
などといちいち疑念してたのですが、何事も無しでした。
ゲーム中ブルルーンと音がしたので
こあ「!!今、なんか車の音がしたよっ気を付けて!」
彼「今のは外の車の音やんw」
こあ「えっ」
彼「アホかwでもお前のそういうとこ好き。」
そんな甘い言葉を呟きながら、
ヘッド狙いで発砲、ナイフも併用、
弾を無駄遣いすることなく確実に殺していく彼。怖い。

思うに、バイオハザードは
中ボスもラスボスも、途中途中で非常に憎々しい台詞を我々に投げつけるわりに、
死ぬ時は一言もなく消滅するんですよ。
よくありがちな死に際の台詞とかさ、
「こ、こんなはずでは…」とかさ、
「おのれぇぇ!」とかさ、
「我が生涯にいっぺんの悔いなし!」とかさ、(なんか違う)

そういうの、全く無いんですよねー。このへんあっさり風味ですね。


しかし、非常にあっさりすっきりできない所が一点。
あの袋の中の生き物はいったいなんなんだ!!!
クリアしたのに最後まで分からないんて反則だーー!


●続報3


揉めに揉めているようです。
どうやら引き取ることになるみたいですねえ。
彼が父親である以上、こういう可能性も覚悟してなきゃいけなかったんですが、
いざ直面すると、こあが自分のこの先の人生を考えてしまうのも
無理もないことだと、分かって欲しい。
こあは、出産も、結婚も、やっぱりしたいのです。
言われてその場であきらめれるほど、小さな問題ではありません。
彼は、「お前の思い描いていたものを全部潰して、オレはお前を不幸にするだけなんかな。」と言っていたけど、
それを決めるのはこあだから、彼は彼が良いと思う選択をすればいいと思う。
こあから見ても、彼が親権を取り戻すのは良いことだと思いますし、
親としてきちんと責任をとろうというのは素晴らしいことだと思います。
板挟みにしたくないし、苦しめたくない。
彼の選択を理解するつもりです。



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。